​舞台は20XX年まで続く「明治時代」の雰囲気を残した国。

 

東にある島國「東國_トウコク」

この國では186X年より、

年号が「明治」に変わり現代まで続いている。

近代化が進み行く中、

江戸時代の建物から西洋文化が目立つ街並みが混ざり、

馬を利用している人々は減り、四輪駆動車が目立つようになった。

政府は諸外国との貿易に力を入れているが、

その中でも特に、軍隊に力を入れているらしい。

東國の民にとって欠かせない存在

國の防衛に勤める「帝東國陸軍」だ。

勇気ある若者は志願し、そうでない者は自由を謳歌している。

そんな中「軍が政に関与している」との噂を耳にした。

電話やラジオ以外の通信環境は、我々のような一般國民には使えないが、

一部の上層部から情報が漏れたとの事らしい・・・。

そして「反乱軍」の発生。

​動機は不明だが、恐らく失った同胞を想っての反乱であろう。

​先の戦争で亡くした友人。又は家族、仲間が沢山いる。

もし、情報が本当であれば、我々國民はどうすればいいのか。

​これ以上、大切なものを失うわけには行かない。

 

このまま《國民》として生活するべきか、

若しくは《軍人》になって人々を守る存在になるか、

はたまた《反乱軍》に入って道を正す行動を起こすべきなのか。

 

 

私は、これからの選択肢を自分で決めたいと思う。

 

 

・・・君ならどうする?

この物語はフィクション及びファンタジーです。